保証人のことが心配です

債務者と債権者の間で借金を整理すると連帯保証人に迷惑がかかってしまうと言う事実を知っていますか。
自分が支払わなくても済むと言う事は連帯保証人が肩変りして支払うと言う事になるりゆうです。
だから、それをきっちり頭に入れて任意整理をおこなうべきだと判断しますね。
債務整理した後にと言うことをしりたいなら、利用することができなくなってしまいます。
債務整理を申請してしまうと、今後、数年間は、お金を用意してもらうことができなくなって、信用情報にも掲さいされてしまいます。 利用することを考え立としても当分の間、待って頂戴。
借金の整理と一言で述べても色々な方法があるでしょう。
個人再生とか特定調停、自己破産や過払い金の返済をもとめるなど沢山です。
どれも性質が異なるので私はどれをえらべばいいのかと言うのは専門家と協議をして決心するのがいいと思われます。
近頃では、債務整理に関する相談がネットを通してできるような弁護士事務所も多くあります。
条件に合う事務所が近所にないと気を落とさずに、さておきネットを開いてみて自分が置かれた状況をメールで相談することも考えるべきです。 任意整理は直接出向かなくても電話と郵送で手続ができますので、やる気を出して第一歩から始めてみましょう。
借金を返すあてがない場合、司法書士や弁護士に助けをもとめ、債務を免除してもらったり、軽減してもらう自己破産や任意整理などの方法を選ぶことができます。 任意整理の中でも、自宅などを維持しつつ借金を返す個人再生と言う選択肢があります。
借りているお金の総額が減りますが、自己所有の住宅のローンなどは残りますので、気にしていなければなりません。
信頼が第一の公務員の場合、債務整理をすれば仕事先に確実に連絡がいくと思い込んでいる人もいますが、ある特殊な状況でなければ、知られることはありません。 自己破産は別として、その他の債務整理では当事者が黙っているうちは勤務先に連絡がいくことはないので、わかりません。
しかし公務員ならではの共済組合などでも借り入れをしている時は、そこ経由で露見する可能性はまあまああるでしょう。
負っているすべての債務の返済義務から逃れることができるのが自己破産なのですが、申請し立としても状況次第では免責が認められません。 お金を良からぬことに使っていた場合です。
例を挙げると、ギャンブルとか投資に溶かしていた場合や、べらぼうな金額の買い物をたびたびしていたような場合がそれに該当します。 これらの原因のせいで免責が認められない場合は、他の方法で債務整理を検討しましょう。
出資法を元に、以前は利息制限法の定めを超える利率での貸付がしょっちゅう見られました。
利息制限法の上限以上で出資法の上限未満と言う金利での貸付がグレーゾーン金利です。
現代では金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、違法な貸付です。
したがって、グレーゾーン金利での借金を負っていた人は、債務整理をおこなう事によって払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。 これがすなわち過払い金請求です。
借金を返せないとどうなる